敏感肌の化粧品の選び方

  • 今こそ見直しを!敏感肌に悩む人のスキンケアと化粧品

    • 「肌が赤くなる」「ちょっとした刺激でピリピリする」、他の人と同じお手入れをしているのにお肌の状態が悪いのはとてもつらいものです。


      こうしたお肌は“敏感肌”と呼ばれ、今や、多くの女性が症状を感じています。

      敏感肌はなぜ起こるのでしょうか。
      答えはお肌の仕組みにありました。

      お肌は大きく分けて3つの層に分かれています。



      表皮、真皮、皮下組織の3つです。健康的なお肌は、表皮の角層が外的刺激から肌を守る役割を担っています。

      しかし生活習慣の乱れや、間違ったスキンケアの影響で角層が痛むと、お肌を守る役割が弱くなります。

      その結果、外部からの刺激に弱くなり、さらにお肌の内側の水分も蒸発しやすくなります。


      こうして刺激に弱い敏感なお肌に。
      起こりやすい原因の一つに、洗顔のしすぎがあります。

      力を入れてこする、洗浄力の強い洗顔料の使用などです。表皮が持つ潤いを必要以上に落としてしまうと、角層の乱れにつながります。敏感肌の場合、乱れた角層の少ない潤いをより取り去ってしまい、悪循環に陥ってしまいます。


      しっかりと泡を立て、肌への刺激が少ない状態での洗顔を意識したいものです。

      また、その後の化粧品にも注意したいもの。


      肌が荒れていると、洗顔後は「何かつけるのが怖い」と感じるかもしれませんが、洗顔後は何よりも保湿が大切です。



      敏感肌は角層が乱れ、潤いが少ない場合がとても多いのです。

      保湿力が高く、刺激の少ない化粧品で水分と油分を補うことが改善への近道です。

      注目の敏感肌の化粧品の口コミを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

      お肌の生まれ変わりは28日周期。

      敏感肌の改善には時間がかかるものですが、生活習慣の改善と合わせスキンケア・化粧品の見直しで少しずつ前に進んでみてはいかがでしょうか。