敏感肌の化粧品の選び方

  • 敏感肌用の化粧品について

    • 敏感肌は、化粧品成分や紫外線、乾燥、タオルや枕の摩擦などで、すぐに肌荒れを起こしてしまう肌質です。


      特に気をつけたいのがスキンケア化粧品であり、直接顔に塗布するものなので慎重に選ぶ必要があります。
      配合成分を無視し、合わないスキンケアによって肌荒れが深刻な状態になると、長期にわたって皮膚科に通わざるを得ない事態に陥るケースもありますので、注意が必要です。
      敏感肌は、女性の場合、生理前に特にひどくなる人もいます。


      肌の状態を見て、肌が不安定だと感じたら、その期間に限って、もうワンランク上のシンプル処方・低刺激性のスキンケア化粧品を使う方法もおすすめです。



      敏感肌になる原因のひとつは、合成界面活性剤などの化学物質や、強い洗浄力を持つクレンジング剤の長期使用で、肌バリアが壊されたことです。

      敏感肌の石鹸のおすすめ情報はこちらに集まります。

      この場合は、肌に負担をかけない成分だけで作られたスキンケア化粧品を地道に使っていくことで、肌本来の力が再生され、やがて改善されていくとされています。

      その間は、刺激が強いと言われているホワイトニング成分やエイジングケア成分を使うことは難しいですが、肌のツヤやキメが整い、良い肌質に戻してからでも遅くはありません。むしろ、まずは土台となる肌質を強く美しいものに作り上げてからの方が、ホワイトニング成分やエイジングケア成分は効果を発揮します。



      話題となった肌断食のように、スキンケア化粧品を一切使わず、肌の力だけに頼った方法は合わないことがありますので、精製水とグリセリン、尿素、ヒアルロン酸など、必要最低限の成分だけで作られた化粧水と、ワセリンやオイルだけのスキンケア、または、敏感肌用として販売されている製品を使うと良いです。